トピックスTOPICS

トップページ > トピックス

第16回阪神地域連携研究会 学習会 のお知らせ

コロナ禍での多職種連携について学習会を開催します。

感染拡大で緊張の続く状況ですが,少しでも連携を維持・強化できるように一緒に学びましょう!

img_20210108_1

img_20210108_2

PDFファイルダウンロード

3回生の生涯広域健康看護実習の後期が終了しました。

学部3回生の生涯広域健康看護実習が12月11日に無事終了しました。

コロナウイルス感染症の流行により一層、感染予防に努めての実習となりましたが、実習施設のみなさま、療養者様にご協力いただき実践につなげることができました。

今回の学びを来年度の統合看護実習につなげたいと思います。

実践研究発表会を行いました

2020年12月18日(金)に、学部4回生の「生涯広域健康看護講座Ⅰ 実践研究発表会」を行いました。

今年度は教員と発表学生のみ対面方式として、オンラインと併用し開催しました。

4年間の集大成となる発表会は、多様な研究テーマのプログラムとなり、充実した時間になりました。発表のあとの質疑応答も大いに盛り上がりました。

img_20201225_01

img_20201225_02

大学院の高度実践看護コースの実習(2回生)が終了しました

今年度はコロナウイルス感染症の流行により、2年次の前期に行われる「在宅看護高度実践看護実習Ⅱ」「在宅治療看護実習Ⅱ」は時期を延長し、9月に終了しました。

院生はマスクにフェイスシールドを着用し、感染予防対策を徹底して実習に取り組みました。例年とは違う状況での実習となりましたが、実習施設様のご協力もあって、院生は学びを深めることができました。

実習施設の指導者様には、感染拡大の状況に合わせて柔軟にご対応いただき誠にありがとうございました。ご指導いただいたことを高度実践看護師としての技につなげていきたいと思います。

後期の生涯広域健康看護実習(3回生)がはじまりました

10月5日から学部3回生の実習がはじまりました。コロナウイルス感染症の流行により、実習は感染予防に留意して実施しています。

学生は細心の感染予防対策を行い、実習に取り組んでいます。このような状況の中、学生を受け入れて下さった事業所様におかれましては、ご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。

これから12月まで実習は続きます。感染の微増が報告され、感染拡大が懸念される寒い時期の実習となりますので、一層の感染予防に努めて実習に臨みます。

神戸徳洲会訪問看護ステーションで実習させていただいた学生

神戸徳洲会訪問看護ステーションで実習させていただいた学生

感染予防に関する事業所内オリエンテーションの様子

感染予防に関する事業所内オリエンテーションの様子

「在宅ケアを語ろう会」開催のお知らせ

「最新の排便ケアを語ろう」をテーマに12月23日(水)18時から、オンラインによる学習会を開催いたします。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

20201001_zaitaku_1

20201001_zaitaku_2

PDFファイルダウンロード

2020 Taiwan International Nursing Conferenceで研究成果を発表しました

世界看護学会の世界大会に応募し、eポスターによる学会発表を行いました。今回は台湾で行われる予定でしたが、COVID-19の影響によりWeb上での開催となりました。

教育講演では、COVID-19に対するWHOを初めとする世界の医療機関における対応と看護の重要性についてのお話もありました。

本学教員は下記のテーマで、様々な高齢者の集住施設におけるスタッフ状況や看取りの数についてまとめ発表を行いました。

Omura, Nishiuchi, Yasuda, Takahashi, Ohno. Characteristics of Japanese nursing facilities for elderly people and number of end-of-life care.

「産学官による医療的ケア児とその家族を中心とした新時代の多職種連携」オンライン交流会を開催しました

2020年9月5日(土)に行われた、「産学官による医療的ケア児とその家族を中心とした新時代の多職種連携」では、地域・在宅における医療的ケア児と関わる医療者・教育者・行政から、コロナ禍における対応について情報提供を頂き、意見交換を行いました。

参加者は医療的ケア児のご家族、病院、通所・入所施設、訪問看護の現場における医師・看護師の皆様、学校関係の皆様、その他様々な領域からおよそ60名と多数の方々にご参加いただきました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

今後も、地域・在宅における小児看護ケアの充実を目標に、様々なテーマで情報発信と意見交換の場として、継続してこのような機会を設けてまいりたいと考えております。現場の皆様の役に立つ情報やノウハウを共有できればと考えておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

第25回日本在宅ケア学会学術集会において、誌上発表しました

第25回日本在宅ケア学会学術集会は6月27日(土)にWeb上で開催されました。私たちも誌上にて演題発表と交流集会を行いました。

集住施設における看取りの実態についてまとめる中で多くの知見を得ることができました。今後の研究につなげていきたいと思います。

「産学官による医療的ケア児とその家族を中心とした新時代の多職種連携」オンラインシンポジウム開催のお知らせ

「産学官による医療的ケア児とその家族を中心とした新時代の多職種連携」オンラインシンポジウム開催のお知らせです。

参加費用は無料でご参加いただけます。

医療的ケア児とその家族への新型コロナウイルス感染症による影響について、様々な関連職種から情報交換を行い、支援ニーズについて共有することを目的としています。

ご関心のある方はぜひ,ご参加ください。

20200905_symposium_1

20200905_symposium_2

PDFファイルダウンロード