メンバー紹介MEMBER

トップページ > メンバー紹介

教員

  • 大野 かおり

    教授 大野 かおり

    Ohno Kaori

    自己紹介

    生きる勇気,看る勇気,逝く勇気・・・。勇気を支えられる看護ができればいいなと考えています。

    関心のある研究分野

    災害時のリスク低減につながる在宅ケア
    地域包括ケア推進のための看護の役割

  • 大村 佳代子

    准教授 大村 佳代子

    Kayoko Omura

    自己紹介

    訪問看護をしていた時に感じた在宅看護の魅力。 それは、「その人らしさ」がにじみ出るご自宅で、療養者の「一番良い顔」が見られること。 個性豊かな療養者の生活や、価値観や、その人のペースに合わせた看護が提供できること。 様々な職種の方とチームを組んで、発揮される個々の専門性の高さに驚きながら、一緒に療養者のケアを構築していくこと。 その結果、療養者・ご家族の「なぜかな?」「困ったな」も、納得と安心に変えられること。 またそれに看護師として役立てること。療養者と家族の、人生の大切な一コマに立ち会えること。 場所は変わっても、看護の基本は変わりません。 在宅看護の魅力を多くの学生の皆さんと共有できることを期待しております。

    関心のある研究分野

    希少難病を持つ療養者(児)の(外来看護を含む)在宅看護、嚥下障害に関する遺伝・環境要因の双生児研究。
    在宅・施設における終末期ケア、小児訪問看護、過疎地域の地域包括ケアなど。

  • 高橋 芙沙子

    助教 高橋 芙沙子

    Takahashi Husako

    自己紹介

    医療と生活の両面からケアを提供できる看護師は、地域でのケア提供でこそ、その力を発揮できると思っています。 訪問看護は、在宅療養者やその家族の生活、希望を汲み取り、多職種とのチームケアでその人を支える、難しくもやりがいのある領域です。 在宅ケアに興味を持ち、地域で活躍する看護師が増え、超高齢社会を支える基盤が強化されることを願っています。 また世界でもいち早く超高齢社会を迎えている日本が、在宅ケアの1つの見本となるようなケアシステムを発信していけるよう、 国際的な視点を持った看護師が育っていくことを願っています。

    関心のある研究分野

    在宅認知症高齢者への訪問看護
    在宅療養者の家族看護
    多職種連携・多職種連携教育

  • 西内 陽子

    助教 西内 陽子

    Nishiuchi Yoko

    自己紹介

    排泄に関する問題、褥瘡などの創傷に伴って生じる問題を抱える療養者の方が、在宅で不安なく生活を送れることを目指して活動しています。 どんな状況にあっても、在宅で自分らしく生きている療養者の方、学生、訪問看護師の方にパワーをいただき、日々勉強させてもらっています。 在宅で一緒に働く看護師が増え、共に語り合える仲間が増えることを願っています。

    関心のある研究分野

    在宅での排泄ケア、褥瘡ケア、ストーマケア

大学院博士 後期課程

  • No Image

    大学院博士 ボヤンジャルガル パグワ

    Boyanjarugaru Paguwa

  • No Image

    大学院博士 小坂 素子

    Kosaka Motoko

大学院博士 前期課程

  • No Image

    大学院修士 塩川 ゆり

    Shiokawa Yuri

  • No Image

    大学院修士 森谷 和代

    Kazuyo Moriya

  • No Image

    大学院修士 吉丸 春香

    Haruka Yoshimaru

  • No Image

    大学院修士 平井 麻紀

    Maki Hirai